ドッグランを楽しむためのマナーやルール|全国ガイド

ドッグランを楽しむためのマナーやルール|全国ガイド

マナーを守って愛犬とともに楽しいドッグランを

近年、ホームセンターやショッピングモールなどでも見かけるようになってきたドッグランですが、マナーを守らないと大変なことになってしまいかねません。そこでここでは、ドッグランを楽しむためのマナーやルールなどをご説明していきます。

 

 

 

ドッグランは普段、自宅や犬小屋などで繋がれているワンコを思い切り外で遊ばせてあげるための施設です。室内のドッグランにとどまらず、広々とした広場でドッグランを経営されているところも多く見かけます。しかし、勝手気ままに自由に遊ばせてあげられるものでもないのです。そこにはあなた以外のお宅のワンコもたくさんドッグランに来ている可能性があります。そうなると、愛犬同士の相性によっては注意が必要となります。

 

 

 

そうは言っても「ウチのは躾がきちんとされているから大丈夫」と思う飼い主さんは多いでしょう。しかし、きっちりと躾されているワンコでも、いったんリードを離してしまうと自由に駆けまわってしまい、なかなか飼い主の言うことを聞かないものです。ドッグランで不特定多数のワンコの中に突っ込んでいってしまうケースも十分に考えられます。

 

 

 

 

 

ドッグラン内への掛け声

 

まず、ドッグランのゲートを入るさいに「入りまーす」と大声で、これからあなたのワンコがゲート内に入ることを伝えましょう。そして大切なことは、「いきなりリードを離さない」ことです。ドッグランに入ったばかりのワンコは緊張感が高まっており、リードをいきなり離すと、どんな行動を取るかわかりませんから、まずはドッグラン内をゆっくり散歩させて雰囲気に慣れさせましょう。そして慣れてきたらリードを離します。

 

 

 

 

 

すでに中にいる飼い主さんへの注意

 

掛け声があったら、必ず飼い主さんは自分のワンコを近くに寄せ、ゲートから入ってくるワンコに対して変な行動を起こさないように気をつけてあげてください。初対面同士のワンコは必ず緊張します。なぜなら、ワンコ同士の相性も何もわかっていない状態でいきなりノーリードで会わせるのは危険すぎます。ですから、自分のワンコが匂いを嗅ぎにゲートに入ってきたワンコへ向かっていくことだけは避けてください。

 

 

 

 

 

ワンコ同士のコミュニケーションをしっかりと

 

初対面のワンコを大声で呼ぶことも厳禁です。そうされるとワンコは威嚇と勘違いして警戒しますので、ゲートに入ってきたワンコが自分から近づいてくるのを待ってください。それから自分のワンコの匂いを嗅ぎに来たら自然と馴染むまで見守ります。しかしながら、ここで唸り声を上げたりするワンコは危険ですから遠ざけるようにしましょう。自分以外の犬を知らない室内犬にありがちな行為です。

 

 

 

 

 

他のワンコを追いかけているときに気をつけること

 

ワンコが他のワンコを追いかけているとき、飼い主さんとしては「遊び」と単純に認識するのは止めましょう。もしかすると、それは「追い詰めている」可能性があります。追いかけられたワンコはそれがトラウマとなってしまい、以後、他のワンコとの交流ができなくなってしまう可能性があります。しかも追いかけている状態のときには「止め」の静止も聞かずに追いかけてしまうケースが非常に多いので、慣れるまではとにかくリードを持って離さないようにしてください。

 

 

 

 

 

ケンカが始まった場合

 

そうした努力もむなしく、ワンコ同士がケンカしてしまった場合には、ワンコ以上に飼い主さんが落ち着きましょう。普段は自分の言うことを聞いてくれる可愛い愛犬であっても動物は動物です。本能がむき出しになってしまった場合、興奮状態になったワンコを鎮めることは危険な行為になります。ワンコを落ち着かせるさいには水をかけ、そこで驚いたスキを狙ってリードをつなぎ、ワンコ同士を遠ざけるのが鉄則です。

 

 

 

 

 

子どもには細心の注意を払う

 

子どもを見るワンコは「不思議な生物」と写ります。そうした「不思議」な生物に対しては、ワンコは警戒心を出すケースがありますので、目を離さないでください。ご自分のお子さんにも、ワンコを見たら大きな声を出したり、いきなり触ったり、しつこくしたりしないなど、基本的なワンコに対するルールを教えることが重要です。ドッグラン内においては、保護者の方が必ずお子さんの傍にいてあげてください。何か事故が起こってからでは遅すぎます。

 

 

 

 

 

ごほうびについて

 

ドッグランにおいて、大抵の場合、ごほうびの持ち込みは認められていません。しかし例外的に当施設においては、トレーニングのためにごほうびの持ち込みを認めていますが、ごほうびを与えるのはご自分のワンコに対してだけです。他のワンコに対してあなたからごほうびをあげることは謹んでください。
どうしてもあげたい場合には、その飼い主さんにまずごほうびを私、飼い主さんが直接、ワンコにあげるようにしてください。そうしないと、ワンコの中の上下関係が混乱してしまう可能性があります。

 

 

 

 

初対面のワンコはこうして触る

 

@その飼い主さんに触っても良いかどうか確認します。

 

たとえばワンコが性格的に難があった場合、他人に触られることを極端に嫌うワンコがいたり、過去のトラウマが原因となり、他の犬と打ち解けられず、飼い主さんにしか心を開かないワンコもいますから、必ず飼い主さんに確認してください。また、「噛まない?」と聞くのは、飼い主さんに対して非常に失礼に当たりますので、絶対に止めてください。

 

 

 

A触るときは側面から

 

ワンコは触られるとき、正面から近づかれることはイコール「攻撃」と受け取ることがあります。ですから触るときにはワンコの側面からゆっくりと近づいて、攻撃の意志がないんだよということをアピールしてから触るようにしてください。

 

 

 

Bまずはしゃがんでから

 

ワンコは上から見下ろされると強者から威嚇されているように感じます。触るときには拳をグーにして、手の甲をワンコに出し、匂いを嗅がせて敵意がないことを証明してください。

 

 

 

C頭をいきなり撫でるのはダメ

 

突然頭を撫でるのは、「手を上からかぶせる」行為になりますから、先ほど嗅がせた手でそっとアゴを触り、次に胸元を撫でてから、最後に頭を撫でてあげてください。

 

 

 

D大声厳禁

 

子どもの項でも注意事項を書きましたが、子どもは甲高い声を出します。実はそれは、ワンコにとって騒音になります。お子さんには静かな声で優しくワンコに話しかけるように教えてあげましょう。


日本全国のドッグラン情報


日本全国のドッグランをご紹介しています。ドッグランを市町村別に検索可能。

[北海道]北海道

[東北]青森 / 岩手 / 宮城県 / 秋田 /山形 / 福島

[関東]茨城 / 栃木 / 群馬 / 埼玉 / 千葉 / 東京 / 神奈川

[甲信]山梨 / 長野 / 新潟

[東海]静岡 / 岐阜 / 愛知 / 三重

[北陸]富山 / 石川 / 福井

[関西]滋賀 / 京都 / 大阪 / 兵庫県 / 奈良 / 和歌山

[中国]鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口

[四国]徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知

[九州]福岡 / 佐賀 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 長崎 / 鹿児島

[沖縄] 沖縄
ホーム RSS購読 サイトマップ